キニメモ

話題なネタや気になったことを調べて紹介するブログです。

血糖値スパイクとは?解消法と危険度チェックテストURL。糖尿病・心筋梗塞の対策

10月8日に放送されるNHKスペシャル「“血糖値スパイク”が危ない ~見えた!糖尿病・心筋梗塞の新対策~」で紹介される血糖値スパイクについてまとめました。

 

 

血糖値スパイクとは?

健康診断では「正常」とされている人の間に、放置すると怖い“万病の種”が潜んでいることが最新研究で明らかになってきた。それは「血糖値スパイク」。食後の短時間に血糖値が急上昇し、また正常値に戻るという症状だ。この状態を放置すると、「糖尿病」に発展するばかりか、重要な血管が傷つけられて「動脈硬化」が進行し脳梗塞や心筋梗塞などのリスクが増加。さらに、細胞のガン化を招いたり、脳にダメージを与えて認知症になり易くなることも分かってきている。この症状、「常に血糖値が高いかどうか」を調べる一般的な検査では見つけられない。しかし、すでに1千万人規模の日本人が「血糖値スパイク」を生じている可能性が、最新調査で明らかになってきた。でも、大丈夫。ちょっとした生活改善で、「血糖値スパイク」を解消できる方法も、次々と分かってきている。

NHKスペシャル | “血糖値スパイク”が危ない~見えた!糖尿病・心筋梗塞の新対策~

血糖値スパイクを解消する方法

対策の大原則は、糖分が腸に届く「量」と「スピード」を抑えることだ。たとえば手軽な昼食でありがちな「コンビニおにぎり2つと野菜ジュース」のような食事で、それらに含まれる糖分が「大量に」かつ「いっぺんに」体内に吸収されると、“血糖値スパイク”が起きやすくなってしまう。

糖分が大量に含まれる食事の後は“血糖値スパイク”が起きやすくなる(撮影:八尋伸)
サラダなど食物繊維を多く含むものを一緒に食べるようにすると、血糖値の上昇は抑えられることが知られているが、なかなかそうもいかないこともあるだろう。そんな時は、おにぎり2つを1つに減らし、その代わりにから揚げを食べる。また、おにぎりより先にから揚げを食べると、肉に含まれる脂質やタンパク質に反応して、胃の動きがゆっくりになる。その状態でおにぎりを食べると、血糖値が一気に上がらないため、“血糖値スパイク”が起きにくくなる。

40~50代を襲う “血糖値スパイク”の脅威 - Yahoo!ニュース

血糖値スパイク危険度チェックテスト

以下のURLから血糖値スパイクの危険度をチェックできる。

“血糖値スパイク”危険度チェック|NHKスペシャル“血糖値スパイク”が危ない〜見えた!糖尿病・心筋梗塞の新対策〜

 

 

ネットの反応