読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キニメモ

話題なネタや気になったことを調べて紹介するブログです。

eKワゴン・スペース、デイズ・ルークスの補償金額・買い取りはどうなる?【三菱自動車燃費不正問題】

三菱自動車燃費不正問題で、該当の3車種(ekワゴン・ekスペース・デイズ・デイズルークス)の補償について検討していると発表した。

 

 

当社製軽自動車の型式認証取得において、当社が国土交通省へ提出した燃費試験データについて、燃費を実際よりも良く見せるため、不正な操作が行われていたことが判明しました。また、国内法規で定められたものと異なる試験方法がとられていたことも判明しました。お客様はじめ全てのステークホルダーの皆様に深くお詫び申し上げます。

該当車は、2013年6月から当社で生産している『eKワゴン』『eKスペース』と、日産自動車向けに供給している『デイズ』『デイズルークス』の計4車種です。これまでに当社は計15万7千台を販売し、日産自動車向けには計46万8千台を生産しています(2016年3月末現在)。

また、該当車については、生産・販売を停止することといたしました。日産自動車でも販売を停止して頂いており、補償についても今後、協議いたします。

プレスリリース | ニュース・イベント | MITSUBISHI MOTORS

三菱自動車による軽自動車の燃費データ不正では、問題の4車種を購入・利用している顧客への補償が焦点の一つとなる。実際の燃費が劣っていたことで余分に掛かったガソリン代の補填(ほてん)を軸に検討するもようだが、具体化は難航も予想される。  

石井啓一国土交通相は22日の記者会見で「買い取りも含めて誠実に対応してほしい」と強調。高市早苗総務相は、問題車種のエコカー減税適用が過大だった場合に、自治体の減収分について三菱自に負担を求める考えを示した。    

三菱自の相川哲郎社長は20日の記者会見で「顧客に誠実に対応する」と表明。同社は補償方法として、カタログ上の燃費で計算した燃料代と、実際の燃料代の差額補填を選択肢に挙げている。しかし、個々の顧客について余分に払ったガソリン代を特定するのは至難の業だ。  

20日の不正公表以降、三菱自には顧客から「車を買い取ってほしい」などと抗議の電話が相次いでいる。三菱自は現在、負担が大きくなる買い取りには慎重な姿勢を見せているが、中古車市場での価格が値下がりした場合、買い取りを求める声が強まる可能性がある。

顧客補償、具体化難航も=燃料代軸、買い取り促す声―三菱自・燃費不正問題 (時事通信) - Yahoo!ニュース

wadainews.hatenablog.com

 

 

ネットの反応

 

 

 

あわせて読みたい

wadainews.hatenablog.com

wadainews.hatenablog.com