読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キニメモ

話題なネタや気になったことを調べて紹介するブログです。

北海道函館で大量の地震雲が発生。明日大地震が来るという情報が広まる

函館で地震雲が発生し、明日函館に大地震が来るという情報が広まっている。

 

 

 

 

地震雲は科学的に説明できない

地震雲はあるのですか?

雲は大気の現象であり、地震は大地の現象で、両者は全く別の現象です。雲のたなびく向きは、上空の気流によって支配されています。気流が地形の影響を受けることはありますが、地震の影響を受ける科学的なメカニズムは説明できていません。「地震雲」が無いと言いきるのは難しいですが、仮に「地震雲」があるとしても、「地震雲」とはどのような雲で、地震とどのような関係であらわれるのかが科学的な説明がなされていない状態です。

日本における震度1以上を観測した地震(以下、有感地震)数は、概ね年間2,000個程度あり、平均すれば日本のいずれかの場所で一日あたり5個程度の有感地震が発生していることとなります。震度4以上を観測した地震についても、平成16年で105個、平成17年で49個、平成18年で28個、平成19年で57個発生しています。このように地震はいつもどこかで発生している現象です。雲は上空の気流や太陽光などにより珍しい形や色に見える場合がありますし、夜間は正確な形状を確認することができません。形の変わった雲と地震の発生は、ある程度の頻度で発生する全く関連のないふたつの現象が偶然見かけ上、そのように結びつけられることがあるという状況であり、現時点では、科学的な扱いは出来ていません。

気象庁 Japan Meteorological Agency

 

 

地震と雲―地震の前にあらわれる変わった形の雲の写真集

地震と雲―地震の前にあらわれる変わった形の雲の写真集