読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キニメモ

話題なネタや気になったことを調べて紹介するブログです。

鼻づまりで夜眠れない!解消する痛くない鼻うがいのやり方。子ども&妊婦の風邪予防にも効果的

2月6日放送の日本テレビ・世界一受けたい授業で、東京厚生年金病院の石井正則先生が紹介していた鼻づまり解消法です。

 

 

 鼻うがいのやり方

  1. 薬局などに売っている鼻うがい用のボトルを用意する。コップだと鼻うがいするのが難しく、雑菌が鼻の中に入ることもあるのでおすすめできない。
  2. 水1リットルに食塩9gを入れて生理食塩水を作り、ボトルに入れる。できれば体温に近い37度くらいに温める。
  3. 鼻にボトルの先を入れ、「え〜」と言いながらボトルを絞ると反対側の穴から生理食塩水が出てくる。

    f:id:sercew:20160217225522p:plain

鼻うがいは風邪の予防にも効果があるので花粉症ではない方にもおすすめ。

水道水だと鼻にツーンとくるので生理食塩水が良い。

ハナクリーンS(ハンディタイプ鼻洗浄器)

ハナクリーンS(ハンディタイプ鼻洗浄器)

 

YouTubeにも鼻うがいのやり方がアップされている。

 

 

鼻づまり解消体操のやり方

  1. 足を肩幅に開き、手を後ろで組んで脇をしめる。

    f:id:sercew:20160217225611p:plain

  2. お辞儀をしながら腕を引き上げる。

    f:id:sercew:20160217225619p:plain

  3. この状態から息を吐きながら首を持ち上げて5秒間キープ。

    f:id:sercew:20160217225632p:plain

  4. 息を吸いながら腕をゆるめ体を戻す。
  5. この体操をできれば1度に10回ずつ、朝昼晩、計30回行う。

ポイントは脇を思い切り締め、首を出来るだけ引き上げること。首に頚椎ヘルニア、頚椎症などの病気がある方は気をつける。

鼻づまりを解消するには交感神経を活発にすることが大切。そのために必要なのが脇を閉めて首を引き上げること。

脇を締めることと首を引き上げることで上半身の交感神経を刺激することができる。すると鼻の中の鬱血した粘膜からキュッと締まって鼻の通りが良くなる。