読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キニメモ

話題なネタや気になったことを調べて紹介するブログです。

ホワイトデーのお返しの意味の由来は?マシュマロ・マカロン・チョコ・キャンディに好き・嫌い・友達などの意味があるのは本当?

ホワイトデーのお返しの品に意味があることを知っていますか?色々なネットメディアや雑誌に掲載されている意味と由来を調べてみました。

 

 

 ホワイトデーのお返しの意味

それぞれのお菓子に以下のような意味があるそうです。

  • マシュマロ…あなたが嫌い
  • クッキー…あなたとは友達
  • キャンディ…あなたが好き
  • チョコレート…あなたが大好き
  • マカロン…特別な人
  • キャラメル…一緒にいたら安心する

みなさん知っていましたか?私は知りませんでした。

そもそもなぜこのような意味がつけられたのかを調べてみました。

ホワイトデーは日本発祥のイベント

ホワイトデーは日本や台湾などの一部の国にしかないのイベントで、1980年ごろにお菓子メーカーが始めたと言われている。

日本におけるホワイトデーの元祖については諸説あり、ホワイトデーの時期になると各陣がそれぞれが元祖だと広報している。

全国飴菓子工業協同組合(全飴協)は1980年(昭和55年)からホワイトデーをスタートし、3月14日に定めた理由を、269年2月14日、兵士の自由結婚禁止政策に背いて結婚しようとした男女を救うためにウァレンティヌス司祭は殉教したが、その1ヶ月後の3月14日、その2人が改めて永遠の愛を誓い合ったと言われていることに由来するとしている。全飴協はその後、ホワイトデーをキャンディの日に変えた。

銘菓「鶴乃子」で知られる福岡市の老舗菓子屋「石村萬盛堂」が、1978年(昭和53年)、この日にバレンタインチョコのお返しとして「君からもらったチョコレートを僕の優しさ(マシュマロ)で包んでお返しするよ」とチョコマシュマロを「マシュマロデー」として売り出し、その後、クッキーやキャンディなどをこの日に発売する菓子店が続出した。

記録として残っている元祖は、1973年(昭和48年)に不二家とエイワが協力し、チョコレートのお返しにキャンディやマシュマロを贈ろうと『メルシーバレンタイン』キャンペーンを開催したとする新聞記事がある(読売新聞)。その中では“白(ホワイト)には「幸福を呼ぶ」「縁起が良い」という意味がある”ということで、バレンタインデーの1ヶ月後にと称してホワイトデーを設定したと記事は伝えている。

引用:ホワイトデー - Wikipedia

全国飴菓子工業協同組合や、石村萬盛堂のホームページでは、それぞれのホワイトデー誕生秘話が語られている。

ホワイトデー 公式サイト

www.ishimura.co.jp

 

 

 お返しの意味の由来は?

ホワイトデーのお返しの意味の元ネタを探してみましたが、それらしいものは見当たりませんでした。

2002年のホームーページにもお返しの意味の記述があったので、昔から言われていたものなのでしょう。

また昔の20年前の雑誌では違う意味だったそうです。

誰かが適当に意味をつけたものが広まっただけなのでそれほど気にする必要はないのではないでしょうか。そもそも男性は知らない人が多そう。

Twitterの反応