読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キニメモ

話題なネタや気になったことを調べて紹介するブログです。

マイナス金利とは?生活・預金口座・住宅ローンへの影響は?メリット・デメリット・感想まとめ

日本銀行が導入を決めた「マイナス金利」政策についてまとめました。

 

 

マイナス金利とは?

 今回導入が決定された「マイナス金利」政策は、具体的には2月16日以降、金融機関が保有する日銀当座預金(現在はプラス0.1%)の一部にマイナス0.1%のマイナス金利を適用するというもの。同時に、これまで金融緩和策として進めてきた年間約80兆円の長期国債購入は継続する。  

銀行をはじめとした金融機関は、日銀に当座預金と呼ばれる口座を保有し、銀行同士の決済に活用されている。原則として当座預金に利息はつかないが、08年11月以降、法律で定められた以上に預けている分(超過準備)について、金利をつけることにした。今回のマイナス金利政策は、この「超過準備」につける金利をマイナスにするものだ。 

日銀の「マイナス金利」政策、その中身と有効性は? (会社四季報オンライン) - Yahoo!ニュース

預金に影響は?

まず大事なことだが、これは日銀と民間の銀行との間のお金のやり取りのお話で、私たちの預金金利がマイナスになるということではない。  

普通、民間の銀行が日銀にお金を預けると、プラス金利で少しお金をもらえる。ところが今回の政策では、預けたお金の一部は金利がマイナスになり、逆にお金を日銀に払わなければいけない。つまり、一定以上の額のお金を預けると、その分、銀行は損することになる。  

そうなると、銀行は日銀にお金をたくさん預けるのをやめて、その分のお金を民間企業などにもっと貸すようになる。これによって、民間でお金がたくさん回るようにして景気が上がることを狙っている。つまり民間に出回るお金を増やして景気をよくする政策なのだ

解説委員に聞いた「マイナス金利って何?」(日本テレビ系(NNN)) - Yahoo!ニュース

 住宅ローンへの影響は?

銀行と日銀のやりとりにしか、関係ない話かといえばそうではない。中でも影響が大きいのは「そろそろ家を買いたいなぁ」思っている人たち。飯田さんはこう指摘する。

「過去に同じ政策を実施したヨーロッパ各国の例を見ると,急に貸し出しが増えるわけではないですが、長期金利は下がるでしょう。それを予想してか、今日、長期金利は大幅に下がりました。低金利による貸出増が期待されます。なかでも住宅ローンは下がる余地があります。住宅投資や耐久消費財へのテコ入れによって、景気浮揚を狙おうということでしょう」

住宅を狙っている人には思わぬ恩恵となりそう。家以外にも、車などローンを必要する大きな買い物が進むことで、景気への好影響も期待できる。円安も進みやすくなり、円安で得をしやすい輸出企業などにもプラス効果が見込まれる。

http://www.buzzfeed.com/satoruishido/nichigin-ma-i-na-su-kinri-tte-aga-seikatsu-he-no-eikyou-a-ru#.mrMgzP70P

 

【住宅ローン】手間のかかる審査申し込みを一度で!
複数の金融機関に一括審査申し込み

 

wadainews.hatenablog.com

 

 

ネットの反応

 

 

金利を見れば投資はうまくいく

金利を見れば投資はうまくいく

  • 作者: 堀井正孝
  • 出版社/メーカー: クロスメディア・パブリッシング(インプレス)
  • 発売日: 2016/01/22
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る