読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キニメモ

話題なネタや気になったことを調べて紹介するブログです。

炭水化物摂取ダイエットの方法と効果。糖質制限ダイエットのデメリット・危険性|世界一受けたい授業

2015年7月25日放送の日本テレビ・世界一受けたい授業では、肥満研究の権威で京大の人気教授・森谷敏夫先生が炭水化物摂取ダイエットの方法等を紹介していました。

 

 

炭水化物抜きダイエットで痩せるのは脂肪ではなく水が体から出て行くから

 

炭水化物を抜くダイエット(糖質制限ダイエット)が流行っているが、実は間違いが多い。

そもそも炭水化物がなぜ大事かというと、炭水化物に含まれる糖質が脳を動かす唯一のエネルギーだから。 

1日に2000kcalを取る場合、2割の400kcalが脳のエネルギーとして使われる。つまり、おにぎり約2.5個分は絶対に脳に必要。

その糖質は体内で4倍の水分と結合し、グリコーゲンとして体中の筋肉の一部となり貯蔵されている。だから筋肉はみずみずしい。

f:id:sercew:20150726052732p:plain

しかし炭水化物を抜くダイエットを始めると、脳を動かすためのエネルギーが不足してしまう。すると、まず肝臓に貯蔵していた糖質を使うがすぐになくなってしまうので、筋肉に貯蔵されていたグリコーゲンを水と糖質に分解し、脳のエネルギーとして使ってしまう。

f:id:sercew:20150726052755p:plain

炭水化物を抜くと体重が劇的に落ちる。それは筋肉のグリコーゲンが分解されて水が身体から出て行くため。

f:id:sercew:20150726052806p:plain

 

たまに炭水化物を取ると、糖質が4倍の水と結合するので体重が劇的に増える。

f:id:sercew:20150726052818p:plain

こういうことを繰り返しているのでごはんを食べると太る、ご飯を抜くと痩せるという経験をしている。

 

 

炭水化物を抜いた食生活の結末 

炭水化物抜きダイエットをやっていると筋肉がやせ細っていく。すると体重は減るが脂肪の量は変わらないので、相対的に脂肪は増えている。いわゆる隠れ肥満という状態になる。

 

実際に高炭水化物の食事と低炭水化物の食事20年間続けるとどのような違いが出るのかを調べた実験によると、死のリスクは低炭水化物を食べた人は高炭水化物を食べた人に比べ、男性で1.5倍、女性で1.35倍も高い。

f:id:sercew:20150726053005p:plain

炭水化物を多く食べていると、低脂肪・低タンパク質で済むが、炭水化物が少ないと高脂肪・高タンパクの食事になってしまう。

そのような食事になると隠れ肥満やガンになりやすくなる。

隠れ肥満がわかるポイント

隠れ肥満になると筋肉がない分、重力の影響で足首の周りの筋肉が下に引っ張られるので、象の足のようになる。

f:id:sercew:20150726053037p:plain

炭水化物摂取ダイエットとは? 

アメリカの学会でも認められている炭水化物を食べるダイエット法。炭水化物を抜くダイエットではなく炭水化物を取ることを勧めるダイエット。

しっかりと炭水化物を食べてバランスの良い食事をすれば決して太るわけではない。

炭水化物の量は毎食のエネルギーの60%程度。

f:id:sercew:20150726053113p:plain

f:id:sercew:20150726053127p:plain

炭水化物は燃えやすくカロリーを消費しやすい

同じカロリーで炭水化物が多い食事と少ない食事では、どちらが多くカロリーが燃えるかという実験を行った。

2人で暮らし生活リズムも一緒だという双子の兄弟に、高炭水化物の食事と低炭水化物の食事を完食してもらい、食後30分の体温をサーモグラフで比較。

 

f:id:sercew:20150726053200p:plain

低炭水化物の方は体温が上がらずカロリーを消費できていない。一方高炭水化物の方は体温が上がりカロリーを消費できた。

 

f:id:sercew:20150726053211p:plain

炭水化物は発熱しやすい。炭水化物は非常に燃えやすいので、身体にあまり残らない。

 

合わせて読みたい

 

wadainews.hatenablog.com

wadainews.hatenablog.com

 

wadainews.hatenablog.com

 

番組を見た人の感想等