読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キニメモ

話題なネタや気になったことを調べて紹介するブログです。

認知症予防・改善にはチョコレートのカカオポリフェノールが効果的?|駆け込みドクター

認知症予防

2015年7月19日(日曜日)放送のTBS・駆け込みドクターでは、認知機能の改善や予防効果が期待されているという、チョコレートに含まれるカカオポリフェノールについて解説されていました。

 

 

 愛知学院大学の研究で、高血圧の方にカカオポリフェノールを多く含んだチョコレートを一定期間食べてもらった。すると血圧が大きく下がって動脈硬化の予防にいいという善玉コレステロールを増えたという調査結果が出た。

小腸で吸収されたカカオポリフェノールが血管内分に入ると、炎症を抑え血管を広げる。この結果血流が良くなり高血圧が改善。

さらに記憶や学習能力を司る脳の海馬に多く存在するタンパク質「BDNF」が増えることがわかった。

アルツハイマー認知症患者に多く見られる脳の海馬に含まれるタンパク質「BDNF」の減少。

カカポポリフェノールを摂取するとこのタンパク質「BDNF」が増えるため、認知症症状の予防が期待できるという。

実験ではカカオ成分72%のチョコレートを毎日5かけら(約25g)食べただけで効果が現れた。

 

明治 チョコレート効果カカオ72%BOX 75g×5箱

明治 チョコレート効果カカオ72%BOX 75g×5箱

 

 

研究に関する詳しい内容は以下のホームページで確認できる。

http://www.meiji.co.jp/corporate/pressrelease/2015/detail/20150717_01.html